google-site-verification: google3c9a09f86c8d5a32
ホームページランキング参加中

★投票ボタンを押して頂けると嬉しいです★

お庭の樹木の管理      剪定作業・薬剤散布作業(除草剤、殺虫剤)・樹木の伐採作業・除草作業(手取り、刈り払い機)・休耕地や空き地などの草刈りは、当社にお任せ下さい!

困ったことがあれば、何でもご相談ください。
下のボタンから電話をかけられます。

メールでのお問い合わせはこちら

営業種目

草が伸びすぎてお困りの場合も当社にお任せ下さい‼️

お庭の草刈り、休耕地や空き地などの草刈りも承ります!

多少、伸びすぎてしまった草は刈り払い機で十分ですが、刈り払い機では困難な草丈や広さにお困りの場合、乗用草刈り機を使い楽に刈る事が出来ます!

刈り払い機は、草丈が長いままでの刈り取りになりますが、乗用草刈り機は草を粉砕しながら刈ります。ある程度細かくなりますので、畑ですと刈った直後にトラクターで耕す事も出来ます。

刈り払い機で刈る時間と労力を考えると、乗用草刈り機は短時間で刈る事ができますし、労力をほとんどかける事なく終わりますのでご検討いただけたらと思います。

まずはご相談下さい‼️

  • 草刈り
    (乗用草刈り機)
    作業前

  • 草刈り
    (乗用草刈り機)
    作業中

  • 草刈り
    (乗用草刈り機)
    作業中

  • 草刈り
    (乗用草刈り機)
    作業中

  • 草刈り
    (乗用草刈り機)
    作業後

庭木の管理について

年1回(お盆前か正月前)は剪定される事をオススメします。
樹木を伸ばし放題にしておくと害虫も発生しやすくなりますし、樹木も大きくなりすぎてしまいます。
毎年、伸びた芽・枝を剪定してあげる事により樹木の樹形は保たれますし、大きくなりすぎる事もありません。

害虫駆除(殺虫剤散布)は最低でも年1回(害虫発生時)散布された方がいいです。
通常は年3回ほどの散布をオススメしています。
何故かと言うと、害虫駆除をせずそのままにしておくと樹木の為によくありません。害虫も増えるいっぽうです。
回数にこだわらず、害虫発生時には害虫駆除(殺虫剤散布)をされる事が1番です。

お問い合わせ先

メールでのお問い合わせはこちら

お困りのことは、当社にお任せください。

あなたの街の造園屋さんに掲載させていただきました!
URL:http://anamachi.com/zoen/

下記URLをクリックしていただくと山本庭樹園をLINE友達として追加する事が出来ます。
URL:http://nav.cx/8aQ2L7B

山本庭樹園 位置図

powered by crayon(クレヨン)